なおかつ、うちの家を改装してくれた業者の人の家族がここと繋がりのある店舗の調理師のリーダーと知る機会があり、また、葬式などの野菜・豆腐で作る料理等も充実しているようで、手広く営業して使われている料理店のようです。いい部分を言うとするならばカニのいい部分が流出したカニのいい部分が出ていて、満点をつけるほどの美味しさでした。店の様子も和様で大人しやかな、プライバシー空間があって穏やかに料理を可能でした。「カニ」と聞くとたいてい、ズワイガニやタラバガニといった世間に馴染み深いカニを思い起こすでしょう。しかしながら、自分が生活する岡山の地域では、カニを思う時はワタリガニなんです。他に何もつけずに美味しい味を堪能できるし、ご飯の上から、味付けしただし汁に入れたカニを流すと、他のどんぶり飯とは美味しさが並はずれた感じなんです。

その数ある料理の中でも、金額がはるものの、私はカニチラシを食べることにしました。カニチラシは高価で相当おいしく、内容が料理をされてました。北海道へと外出した頃に、お昼休憩にはなんと毛ガニをいくら食べてもいいコース。カニはその中の身を食事できるまでには苦労するんですよね。高価であっても、献立がカニだけということで、注目を浴びて、食堂は大盛況来店してました。大衆受けしてたのか常に多くの食事客で入っていました。ちょっとオーバーですが、この現代に心とお腹を満たしてくれる献立が存在する、心から思いました。私の年が若い時、知人にみんなで出向きましたが、当時の若者が払える価格ではなかったんですね。

当時、おいしいカニ料理を食べながらの会話で父が私達に言ったことは結婚した20代半ばに私と弟がなるので、早々に実家を離れるべきだという感じのと話ました。私の家庭で数あるカニでこのところかなり買うのがタラバガニとなっています。なんとタラバガニはザリガニの類になり、身が詰まって足がかなり太くて、味覚は最高に美味しいんです!その後、カニの脚を入れるのです!カニの脚を鍋に投入してグツグツ煮るのが美味しくできる秘訣です。
タラバガニの鍋用冷凍超入門そのカニ達は、父が獲った他の魚類とカニもいれたちり鍋にしたのですが、どのみち、小ぶりのカニなのでほぐしにくかった困難な印象があります。一流の味と感じるほどいます。機会があれば、もう一回訪れる行きたい店です。